読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

章(あきら)の藤城



野球ピッチャープラスレボリューション~監視を良くする教育法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 プロデュース】写真2枚組

野球ピッチャープラスレボリューション~監視を良くする教育法
【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二プロデュース】
守備が不器用でメインになれない・大事な対戦に自分のエラーで負けたといった悩んでいませんか?
エラー取り止めるスポーツマンになる産物を教えます。
元・埼玉西武ライオンズ楽天イーグルスで内野守備コーチを励み数々のプロ野球スポーツマンの守備力を上げた清家雅和がプラスの極意をようやく発表!

監視チェンジ補充
90お日様以内で制球感情が直しなかったら、全額返金します。
と、いうほど、三井浩二さん。自尊心もって、DVDという教材で記載もらえるグッズです。

二度と、心配はいりません。
こういう野球ピッチャープラスレボリューションがあれば、現況が
・監視が乱れても
・中盤から投球が崩れるピッチャーも
・好不調の流れが激しくても
・小学校も
・ピッチャーを始めたクラスが遅くても

今よりも制球感情がのぼり、監視が良いピッチャーになれます。

ピッチャーの生命線は、監視だやり方ね。

こういう三井浩二さんプロデュースの「野球ピッチャープラスレボリューション」は、小学校から実践でき、

・ 何が原因で監視が低いのか
・ 如何なる気掛かりのバリアにぶつかっているのか

個人の関連を取り調べながら教育できるようにしています。
昨今、他のスポーツマンによって監視が悪くても、
コーチから『ボールは速いけど監視が小さい』と言われるスポーツマンも問題ありません。
今回の三井浩二さんプロデュースの開発法を実践し、
安定してストライクを落ちる投球メソッドを手に入れることができます。
父母や講師は、代役のキッズを対戦で投げさせて引き上げる救援ができるでしょう。

こういうDVDの監修した人、三井浩二を紹介します。


野球ピッチャープラスレボリューション~監視を良くする教育法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 プロデュース】写真2枚組

元・埼玉西武ライオンズ(投手)
1973ご時世9ひと月15お日様出生/北海道里
投手(左側投げ左側打ち)
北海道足寄ボリューム~新日鉄室蘭~新日鉄広畑~
埼玉西武ライオンズ(2001ご時世-2009ご時世)。
主に中継ぎとして活躍。プロトータル36勝20敗1管轄、54ホールド。
オールスター遊び出場事実あります。

ここから、三井浩二さんのキャリヤーを。

北海道足寄郡足寄街里。
北海道足寄高等学校3ご時世ときの1991ご時世にプロ野球テンプレート会合で阪神タイガースという福岡ダイエーホークスが4間近指名で競合し、福引きの結果ダイエーがすり合わせ特権を獲得したが入団を拒絶し、大人野球の新日本製鐵室蘭へ進んだ。
1994ご時世に新お日様鐵グループの野球部の統廃合によって新日本製鐵広畑へ転籍し、クラブのスターとして活躍した。
・2000ご時世プロ野球テンプレート会合に対して西武ライオンズを逆指名、2間近指名で入団。
・2001ご時世、プロ初攻略を含む3勝を点数。
・2002ご時世、スクリューボールを続行。
・10勝を挙げ、ついに原則投球回に達して護衛料率リーグ5位の点数を記し、クラブの優勝に後押しした。
・同年はオールスター遊びに出場。
・2003ご時世は2ご時世反復となる10勝限りを挙げた。
・2006ご時世、石井貴に次ぐクラブ2位のホールドを挙げた。
45対戦に登板し、護衛料率は通年通じてアクセント席、被本塁打は1本だった。
・2007ご時世、自己最多の47対戦に登板し、リーグ3位の27ホールド長所、護衛料率2.22。

ここまでが三井浩二さんのキャリヤーであり、
プロも実績のある三井浩二さんのキャリヤーです。

三井浩二さんのキャリヤーの続きだ。
2008ご時世オフポスティングシステムによる。
35年代での支出は史上最高齢であった。ただし日程までに入札を行う球団は現れず、2009ご時世1ひと月5お日様に再エントリーを申し出る。
入札を行う球団は無く、西武と再契約する。「入札されなかったスポーツマンが同一年度内にもうポスティングシステムによる実態」や、「2回続けて応札が無かった実態」は、同時に史上初です。
ポスティングシステムで入札がなかったスポーツマンは、他にもいて、岩隈や大塚もそうであります。因みに。
2009ご時世は19対戦の登板に終わり、護衛料率6.23という疾患を上回ることができなかった。10ひと月2お日様に戦力外側通知を受ける。
時期終了後、12球団混合チェンジ圏外に参加した。
2010ご時世は東北楽天ゴールデンイーグルスの春季キャンプにトライヤル生として同行、3ひと月4お日様には福岡ソフトバンクホークスの入団トライヤルを受けたが、いずれも不合格となった。3ひと月30日に健康休暇を表明した。
ここまでは三井浩二さんのプロでのキャリヤーです。

三井浩二さんのプロ休暇後のキャリヤーだ。
健康休暇帰路、
2011ご時世7ひと月、埼玉県内入間市に「入間野球道場」を開講し、仕込を行なっている。その野球道場は西武の三井浩二大友進、加世田美貌智久がエキスパートを務めてある。
2015ご時世10月には、「三井杯十勝少年野球チャンピオンシップフェスティバル」を北海道十勝管内で開いている。
こういう三井杯はもちろん、三井浩二さんの三井です。
また、J SPORTSの主役リーグ実況でオブザーヴァーを務めてある。
米国尽力を目指したキャリヤーから、アメリカの球界に関する掲載は武器であり、左側投手の三井さんから見るお話は、わかりやすく丁寧なお話はクチコミあります。

生まれ故郷足寄街の出身の松山千春って連絡が激しく、自身のシンカー系のコーナーに「チハルボール」という称する。当初は後援会長を務めていた政治わが家の鈴木宗男にあやかり「ムネオボール」といった名づけていたが、鈴木の不祥事により名を変更した。
ムネオハウスで有名な鈴木宗男さんだ。
文化放送ライオンズナイターでは「大空と壌土の申し子」と呼ばれる。

こういう三井浩二さんのDVDについてですが、
三井浩二さんと同様に、元プロ野球スポーツマンからも絶賛の声もあがっております。
一例を記載いたします。

プロ野球スポーツマンの制球感情の要素が分かります。
楠城 裕介さん / もと・都内ヤクルトスワローズスポーツマン

こういう三井浩二さんのDVDは、投手が監視を良くする為に必要な案件やわからない案件、教育の経路など、毎日の教育でアッという間に実践ができ、ピッチングのキーポイントがわかり易く、細く説明してあります。キッズからアダルトまで,大勢に参考になると思います。
ボールの握り人、拳固の用法、コーナーの投げ人、アクセスの下げ人、出し方、グローブの用法など、その全ての教育産物が、細く説明してあるので、意欲を以て教育に取り組んでいただけると思います。
善悪、こういう「野球ピッチャープラスレボリューション」を観て個々のレベルアップにかけてほしいだ。
制球力を上げたい第三者は必見です!!

プロも初心者ももちろんですが、監視のいのちさは、当然ですし、元プロのスポーツマンが言うことであるので、間違いないですね。

こういう三井浩二さんのDVDの喝采だ。

藤田 日光さん / もと・阪神タイガース、都内ヤクルトスワローズスポーツマン

こういう「野球ピッチャープラスレボリューション」という三井浩二さんプロデュースの写真は、制球力を決めるのに要全てが、細かく説明されていらっしゃる。
セリフといった、性能で新人の方にも、わかりやすいと思います。
また、中学校、ハイスクールで、投手として、伸び悩んで要る人、スターとしても、レベルアップした人など大勢に参考になると思います。
肝心や、キーポイントなども、分かりやすく、説明されていらっしゃる。
公演をする自体以外にも、野球講師、父母にも、こういうDVDを観て、指導して頂けると思います。
こういう三井浩二さんプロデュースのDVDを観て、プラスの近道を通じてください。
コンロトールを良くする為の概要が細かいだ!

プロも活躍されて方もこのように概要を、称賛を通じていただいておりますので、それも投手の方が、このようなことをいうは、どうにかDVDで探るため、報じることは、二度とへまではない。に関しての証明ですね。

こういう三井浩二さんプロデュースのDVDの喝采だ。

水田 圭介さん / もと・埼玉西武ライオンズスポーツマン

三井浩二様は西武ライオンズで同期入団で名人、後輩の付合いだ。 野球に対する話し出しや、対戦の言いだしなど、何かとさせて頂きました。
今回、三井浩二様のDVDを観て、善悪投手の方には観てほしいと思いました。
わたしは内野手法として、プロ12通年やる事が出来ました。プロも、ここまで細く、概要出来る第三者は少ないと思います。
徐々に野球をする第三者、自分の投手としての技量をレベルアップしたい第三者、監視を良くしたい第三者など、何かと参考になると思います。
1つ1つの動きには両者目的があるので、その目的を理解して体を動かす事で、プラスがし易くなると思います。善悪、こういうDVDを観て、意識を厳しく持って頑張ってほしいだ。

内野手法目もこのようにお話、称賛をされております。
有難い監視をするため、内野の守備や攻撃のメロディーも変わってきますから、重要ですね。

三井浩二プロデュースのDVDも説明されておりますが、
かりに手早い球が投げられても監視が悪ければ意味がありません。
草野球ピッチャーに最低限必要なものは監視だ。
いかに球が遅くとも、ストライクさえ投げてくれれば、まず野球は成立します。
どんなに打ち込まれたとしても、沢山ボールが飛んでくる当たり、味方の野手は飽きずに公演ができる。
彼氏クラブのバッターもバンバン打てて、ヘトヘトになるほど野球を味わえるでしょう。
それに対して、ノーコン・ピッチャーは困りものだ。
三井浩二さんも言われてはおりますが、
仇も味方も野球をプレーすることができません。
誰より投げて要る本人が疎ましいはずです。
ダイレクトの制球はコーナーの制球にも結びつきます。
ダイレクトの制球が悪い人を見てみると、絶対と言って良いほどにコーナーの制球も悪いです。
これは、ダイレクトがピッチングの原則です事を示しています。
こういういのちさ、常識かもしれませんが、敢然と理解して、三井浩二さんプロデュースのDVDを見ていただくことをお勧めいたします。

真理、直球を思った様に監視できないは手法投げになっている事が疑われます。
その状態でボールを曲げるという高度な事を取り組んだとしても上手くいくはずがありません。
ボールが曲がらないどころか、投げた球はキャッチャーのミットはかけ離れた所に飛んで行く事でしょう。
それでは、ダイレクトの制球を完璧に始める。
それが出来た上でコーナーの続行に入って行く事をきつくお勧めします。
ここが、三井浩二さんの指導のキーポイントですね。
最近の高校は球が手早いだ。
140km/h席を平気で生みだす投手も珍しくありません。
歩きだけ見れば、プロ野球と遜色ないほどだ。
それなのに、
高校が即戦力投手となることはずいぶんありません。
「一際違うのは何?」
それは・・・
「監視」だ!
これは、元プロ野球スポーツマンの三井浩二さんが言われているので間違いないです。
プロ野球といった甲子園を見比べて頂ければ、はっきりわかります。
まずは、ここからは三井浩二さんが中心に監視に関しまして説明していきます。


野球ピッチャープラスレボリューション~監視を良くする教育法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 プロデュース】写真2枚組



お疲弊だ。
やりました。目下、開幕ですけれども、勝ちました。去年は4連敗オープニングだったのでね。それでですけれども、去年は、規定開幕から1戦いも5割を超えたことがない季節であり、さみしい雰囲気しましたけど、
その感じは、目下勝ったので、首位ですし、明日勝って、勝ち越しからスタートしたいところでは起きるね。
いやはや、見たい箇所。それは動作信書であり、11日数からのですけれどもね。スカパー!でのプロフェショナル野球信書あるのですけれども、それをね。みたいな?というね。思ってはいます。
で、ヤクルト以外ではあるのですけれどもね。広島のジョンソンですけれども、5回も持たずにイチコロになった考えね。それは拍子抜けね。これが、昨年と違って、流れが去年は集大成カープのチェーンだったのが、それがこっちではないのかな?それを象徴するイベントかな?ってね。思って着るのですよね。
あとは、ジャイアンツは普通に勝った?

で、他の試合はどうなったのかな?人格には達するところではいらっしゃるのよね。
そういえばですけれどもね。ハムは大谷がアクセスの怪我でWBCにですけれどもね。辞退に関してになったわけでね。
それでさすがに開幕投手にはできないし、先発投手としてのですが、下ごしらえはできていないわけでね。今年はですけれども、DHでスタメンで野手メインで、ちょくちょく、リリーフをするのかな?とも思うのですけれどもね。
とにかく、二刀流にですけれどもね。練り上げる場合であれば、無論野手で原則打席を達成するのは勿論という結果、そして、投手というのをね。そうなるとね。
こうなってしまうとね。DHまたは村八分でリリーフしかできないのよね。
ということでもあるけれどもね。こうしたのってね、どうかな?というね。
一旦、二刀流起こるのであればね、そうするしかないでしょ。ってね。
ミーティング戻してですけれどもね。開幕ね。勝てば最高ですが、負けたら、どうせ開幕戦では居残るのよね。そういうこと。

で、昨年のことをね。仕掛けることをね。勝ったのは良かったですしね。
スポーツマンね。面倒よね。今日はナイターで明日はデーゲームという結果、手数ね。
起きる時間も違うし、今日はナイターで一気に寝て、早い時間に起きないといけないのはね。大変ですよ。
本当に、明日の先発投手はですけれども、この日に備えているから有難いものではあるけれども、野手はね。手数。これで勝っていて、内心するどくできていれば良しけれどもね。
負けていたとしても、ぼろ離脱とか、明日に引きずらないような感じではあるからね。
そんな感じであるとね。どうだろう?

で、開幕投手ってしばらくスター同士の対峙をね。していかないといけないわけでね。離脱が貫くってね。ちょっぴりね。この流れになってしまうので、今年はそういった貧乏クジみたいな投手は誰かな?というね、幸いですけれども、ウチの石川はですけれども、目下勝つ考えできたのでね。そこから活躍をしてほしいね。で、次は不器用のアウエーか。
というのは、前日、球数量は多かったとはいえ、はじめて調子よくなったところだったので、惜しいといえば、もったいないのですけれどもね。
も、外人投手を点数の関係ではあるのですけれどもね。点数消しないといけないわけで、ここで1人間を洗い流すことになるのには、良い結果だったのかな?ってね。
ルーキは好都合投球したが、ギルメットは未だダメという考え。こうして、今日の先発投手のですけれども、オーレンドルフってブキャナンを先発間隔で回すこととなりそうなので、これは、両先発投手の容態にはよるのですが、数値オーライになるかもしれないです。
これで、先発投手のどちらかがわるかったら、ファーストの外人だグリーンを入れて、かしこく畠山を休ませながら、使っていくのかな?ってね。想うところですけれどもね。
だいたい、4月の終わりの箇所までそのあたりまでで使えそうな団員ってそうでない方を作る時間にはなっていくのかといった。

で、目下ですけれどもね。テレビで見ると定める。
今日はスカパーではなく、BSで見定めることと立ち向かう。OBだ宮本慎也がですが、辛口な解説をできるのでは?とも思っています。
NHKで解説をしているといまひとつ神宮に来る機会はそんなふうにはないですし、それもマイクの手前で話すことっていうのは、そうは多くはないのでね。
で、今日の戦い。先発投手が互いNPBのですけれども、初登板であるから、昨日のマツダ場内ではないが、大量得点の取り合いになって、デーゲームなのに、5一瞬試合になってしまい、終わったら、ナイターに関してになってしまう可能性もありそうですね。
うしろの年月日来るかたは、困った感じになってしまいそうね。夜勤の前に野球という感じですといったね。今日はそういうことには向かない戦いにはなってしまいそうね。
そういったのもあるけれども、不安であるけれども、相当違う順路にもなりそうな感じでもあるね。なるほど行きたかったわ。

さあ。やっと始まりますね。今日の戦いでね。どういう戦いをね。立てるのかな?って思ってはいるけれどもね。
ってな結果ね。宮本慎也ですけれども、どういう感じで、古巣ヤクルトを斬るのか人格にはなっては来るのよね。
で、2番ショートから調べる野球観というのもね。人格には達する箇所ね。
それは他の組。他の組の1,2番バッター。あとはですけれども、内野アーム。とくにショート。セカンドですけれども、そのあたりのスポーツマンですけれどもね。如何なる人寄せにてみているのか?ってね。人寄せ本位で思うところではあるのよね。
そんな感じでね。見ていて、どういう感じで野球観を持っているのかな?ってね。それを聞いて、如何なる樹立になるのかな?というね。思っているのよね。
そういった戦いなんですけれども、取り敢えず、両組ともにですけれども、初登板ので、戦いが読めないですね。
開幕戦などのスター対峙であれば、薄々のメドはたつのですけどね。

いやあ、如何なる戦いになるのか?としていたら、かなり設立はただれるようなそんな感じでね。いますね。
で、ベイスターズのルーキー投手ね。凄いね。結果はわからないけれども、腕振れているからね。今永や開幕投手をしたのですけれども、彼氏も生きの良い投手ですしね。そういう投手っていうのは、ヤクルトにも来てほしいけれども、きませんね。
っていうのは、縁がないのか、スカウトの腕が悪いのか?少しわからないですけれどもね。
で、今回いらっしゃる投げていらっしゃるルーキー君。けん制とかフィールディングが良さそうなのでね。投球に集中できるのかな?ってね。のち、球が動く、引き下げ気味に生じるし、チェンジアップも良チックね。
という結果ね。今日の戦いからそのあとにですけれども、対戦していってから、何故成長していくのかな?
見ていて、ああいう生きの良い投手っていうのは見ていて、ヤクルトには何となくいないタイプだからうらやましいものですよね。

必ずやね。戦いがながくなりそうなそんな感じね。
4一瞬試合にはなってしまいそうね。やっぱり設立というか、立ち上がりっていうのは、どんな投手も心労し、ここが勝ち負けなのかもしれないですね。
開始から相応しい打順に回って生じるわけなのでね。そういうことをね。考えるとね。設立っていうのは、勝ち負けをね。していかないとね。ダメですよね。
で、2回になると、打順が下がってくるからね。そんなふうに考えるとね。設立って1たび投げて、2回になると景色とかそんなのもあるけれども、慣れてはしまうからね。
いわば、2回になると、落ち着いて来るな?というのもありますけれどもね。
で、投手が打順に入って現れるのもあるからね。そこで落ち着いてアウトを断然食べるということがでね。やれるっていうのは、DHのないセリーグの歓びでもあるしね。
で、DHをセリーグでもっていうのあるけれども、それは大逆ですね。
勿論9個人で野球関わるものですしね。

投手も打つことが好きなスポーツマンというのも多いですしね。でも、開業リーグとか、スポーツマンが少ないのであれば、DHをあって、投手入れ替わりを打順でしかたなく交代して行く結果、スポーツマンがいなく陥るような困ったことにはならないようにってね。しておきたいけれどもね。
あとはですけれどもね。やはり、セといったパでは微妙にやることが違っても良いのかな?って思ってはいますね。
一向に同じ条件でやってもがちでないわけですしね。
談話かわってね。筒香のですけれども、スパイクなんですけれどもね。ナイキからビムロに変わっていますね。
今回、増えたよね。イチローも鏤めるし、おいらも草野球をする考えあったら、買ってみたいね。たしか?国産でしょ。それってね。大きいよね。アクセスにきっちりなじみそうですしね。
当然靴っていうのはね。かわいいものをね。履きたいですしね。デメリットから敢然したいところですね。
あれ?WBCのときから、ビムロだったっけ?って思うね。

ついに始まりましたね。
っていうのは、夜に、11日数からプロフェショナル野球が開催しているお日様には、プロフェショナル野球信書をやっているということでね。
多々インフォメーションが入っているっていうのはね。あるからね。次の勝負マークとかを比べるというのもあるのですけれどもね。
未だに、4月なんでね。やがてなのでしょうけれどもね。
わかった考えね。打線ですけれども、川端がいなくても打線が活発なのは、良いことではいるよね。
前日は、3番山田、4番バレンティンが当たっていなかったのもあるからね。それで打てなかったということで、勝てなかったのも留まるね。
しかし、今日は、オファーしよ箇所、まだ、当たっていないという団員いないのと、ここは、愛くるしいコメント。それに心配であるのは、畠山ですけれどもね。容態悪かったもので、ホームランを打てた結果、良いスタートを下回る考えできたのかな?
目下というこれからのですけれども、遠征も考えると可愛い評価できたのかな?

う~ん。きゃしゃ。っていうのはね。打つバッターですけれども、そういったときにですけれども、勝ち負けを避けても鉄板ということであると、飛び込みにストライクを取りやすいというのも見つかるね。
そんなところでもあるから、バントって、一長一短あってね。アウトを届けるというのもあるから、相応しい面もあるし、そうではないところではあるからね。そんなことを考えて采配をふるってほしいしね。のち、バントして、あとのバッターで打ち取られたとしてもですが、そうなったとしても、やることを通じてダメだったというふうに見た目良いですからね。
これで、Noアウト1塁で打ちをめぐって、とも歌唱になってランナーがですけれども、入れ変わってしまうとね。いなくなってしむといったね、装いといった景色っていうのはね。苦しいからね。で、オーレンドルフの人寄せね。どうかな?ってね。
のち何回は契機あるかとは思うね。次は、1週後の広島相手にどうなるかね?

で、そうするとリリーフですよね。ここが機能するか終わるかが勝ち負けでね。
優勝したときはですけれどもね。後ろの外人あるけれども、3個人がしっかりしのいでくれたし、秋吉も良かったし、久古が左をしっかり操るというそういうのができると嬉しいのですけれどもね。
それが今年できるのか?サクセスの方程式ができるのか?というところですね。
昨年も広島はね。優勝したのは、ジョンソン、野村。黒田などの先発投手の活躍もでかいですけれどもね。でも、リリーフの外人ですけれども、ヘーゲンズ、途中から先発に行ったけれどもね。その代りに今村ね。で、8回は、ジャクソン。最後に、中崎みたいな方程式なんですけれどもね。そういうのがやれる組っていうのは、ややこしい拠り所なのでしょうけれどもね。
あんな面では、ベイスターズですけれども、真新しい外人のパットンが良さそうでね。これで7回、8回にクセ球を充てる三イントロダクション。クローザーに山崎ですね。

ということをね。考えると、他のセの組ってね。裏面はしっかりしている組に関してになると、ジャイアンツ?
沢村いなくて、新外人がこだわるかですね。山口いて、マシソンいるので、どうにかなりそうなのですけれどもね。そんなふうに思うとね。リリーフきっぱりやるのはきっかけね。
で、ウチ。秋吉は本当は、8回がベストなんでしょうけれども、石山も良いですから、石山8回で、その前にルーキいて、秋吉が結末9回という恰好できそうですから、あとは、左の強打者が多いセリーグでですけれどもね。そういったところでの左殺しという意味ではね。ぜひ久古の再燃をね。望むね。
秋吉が、どうしても位置づけ手遅れんでね。左の強打者だ筒香や阿部、糸井などいるので、そこを一言で頑として抑えてくれるような投手いて得るって、領域が増えますからね。
必ずや、先発は5回で3店舗までにしていれば願わくは打線の噴出熱血余るのね。

そういうことでね。ついに接戦に含む考えというのが重要ではあるかとね。それほど思ってはいるのよね。
で、打たれてしまったら。仕方ないというふうに思われてほしいくらいのスポーツマンでてほしいけれどもね。どうなっているのかな?そういうことでね。
で、阪神とか中日の評価がおいらとしては腹黒いのは、やはりリリーフで不安がある箇所、そして、打線がないというところね。そこが一大問題であってね。いくら店舗をとてもね。戻る惑いあるとね。ストレスというのがね。上がっては欠けるというのもあるしね。
で、どうでしょうかね?では、1客。全部の組という対戦してみて、4月が終わってみての本音を持ってからですね。ゴールデンウイークが終わってから、そこからが勝ち負けでね。キャッチボール戦ですよ。コチラって、ダイレクト対峙ではないので、勝てば大契機でね。試合差が大きく変わってくれるのでね。パの組の援護にオファーしよところでは来るね。

さあ、後々ね。来週は野球視聴にでもまずは行ってこようかは思ってはあるけれどもね。
で、来週の今更はですけれどもね。BCリーグのスタート開幕戦も行ってきて、どっちが勝っても適切ように、気楽に戦いが見定める考えできるようにってね。思ってはいますね。
で、来週までに多々先触れ用の色紙をもちましていこうというね、こんな準備というのをね。しておこうってね。思うのですけれどもね。
間もなくですけれどもね。まずは日時を見て、行きたい戦いといったそうではない戦いというのもあるから、その雰囲気をね。感じておこうといったね。おもうところではあるけれどもね。
ってな感じですね。
今年はピンポイントでしぼって、野球視聴にでもでかけておこうというね。思います。代金ないから、そのあたりをね。考えるとね。しぼっていかないとダメであるからね。
ってな感じでね。
さあ。金曜にですけれども、色紙や魔術などを用意しようというね。あとは、スマホの充電忘れないようにしないとね。

リアル、有難いものではありますね。
も、複雑でございます。今回、実態を崩さなければ、神宮に行く考えできたのにね。
おや、失敗しましたね。っていうのは、今回、神宮球場に行くつもりではいたけれども、それは実態を考えたら、行かないで、ブレークタイムにつかった常時は正解だったけれどもね。
神宮にできるだけ行って置きたかったね。
山田のホームランをね。探る考えできたわけですしね。バレンティンのタイムリーもあったし、で、最後の最後に、鵜久森が代打でできて、初球をゼロ風でバイバイ満塁ホームランね。
いやはや、何だか見極めることのできない。満塁ホームランをあるし、代打で初球バイバイホームランも凄いしね。
いやはや、9回にまさかの坂口を1アウト2、3塁で迎えて、敬遠して、わざと山田で勝負して、山田を三振。バレンティンをショートゴロで抑えたので、ほぼ負債でしたが、それもありながら、そのあとに最後にああいうドラマが止めるはね。

といった、相成りまして、今後の戦いの方向にも多々素晴らしい順路にかけては行くのかな?ってね。思ってはいるそんなところではあるけれどもね。
目下良かったのは、後々、代打のスターになりそうな。元パリーグのスポーツマン。右側だと、バイバイホームランを放った鵜久森。左ですと、ロッテから大松ね。ここがそういった感じで、代打のスターがいるは幅広いね。
そのうちに内野ならばどこでも守れるし、昨年代打成功率が4割近かった今浪。彼氏も元パリーグ日本ハムね。ショートでセカンドサードもやれるというのが、非常に大きい箇所ね。
で、上気になってはいるのは、榎本ね。彼氏が打つ考えできるようになったらですけれども、バレンティンや、坂口、雄平の容態次第では休ませながら、かつ守備力を落とさないようにやれるわけでね。火曜日は、藤浪をね。まわるわけでね。そのあたりね。榎本も代打1番手でね。賢くはじまりあるので、数値でてほしいものですね。

で、おいらの中ではこれは他の2カード見ていないで、プロフェショナル野球信書といった印象ではあるけれどもね。マツダの戦いではムービーをほんのりづつではあるのですけれどもね。みつける考えできたから、ある程度はわかるけれどもね。
一層、ウチは今の感じであれば。4位はおよそリミットかな?ともいえるスペックね。
これは個人的な印象で、1客当たってみての本音って、4月終わってみて、では、GW終わってみて、そして、今回ですと、キャッチボール戦始まる前。終わった後、オールスター前の一息。
ここが種々変わり目であって、オールスター明けって始まったら、くれぐれも6連戦で益々夏は出向くわけで、あっという間に秋になっていくようになるし、如何なる夏になるのか?
ストーブリーグになってしまうのか、優勝コンペになっていくのか、それとも失速してしまるのか、ここらである程度の代物っていうのはね。わかってはきますからね。
で、今年の現時点をね。思ったことを書くとしようかな?

ひときわと思ったのは、今年イントロダクションと思ったのは、ベイスターズといった広島なんですけれども、では広島、目当ての自滅に助けられたにおいて。いっぽ間違えたら、3連敗もあったわけでね。
それをスタート開幕とはいえ、2勝1敗の勝ち越しができたことが広い。
本当は、ビジター。甲子園はセンバツで使えないので、京セラも無理でか、強行してほっともっと神戸での開幕の選択もあったのですが、それをしないで、開幕戦をやる資格を放棄してくれたから、広島でできたわけでね。これはおっきいし、ジョンソンが力一杯大荒れでイチコロされながら、2戦目、3戦目には勝てたっていうのはね。
もし、優勝したら、2戦目で劣勢から勝つ考えできたという考えね。
で、阪神ね。メッセンジャー。岩貞。藤浪が投げて加わる間は強いけど、あとは貧弱でとくに守備のザルさは小さいね。年間100へまは固いでしょうね。
のち、リリーフのドギマギぶりを見てしまうとどうにもところですね。

で、先発3枚以外ではとにかく、有利にはなっていく考えできるのはね、良い感じですね。勝率も行っても5割かな?という感じでね。それほど打てる質感もないですしね。ただ、スタートの甲子園とかですと、スゴイフィーリングがね。あるからそれに飲み込まれない考えね。
ひとまず、先発投手をマウンドから早めに下ろす考え。そこきっかけね。
あとは、左打者が多いので、左のリリーフが、中澤か久古ウェイティングというところにはなっては表れるのかな?といったね。
で、中日ね。難しいよね。賑わいを昨年のウチにあたってつけてしまった。ベイスターズ君やっと賑わいをとめてほしいね。で、今回永、井納というところが残っていますからね。とにかく、ウチが舐められて加わる拠り所ではあるのですが、ここで敢然して生じるのかな?ってね。
中日はついに高橋周平という福田が使えるような感じで、今年行ったほうが、良い結果生まれるのかもというかってに思っています。今年もつらい遊びが貫くかな?って思いますね。